live event「KIASMA vol.19」

渋谷にて、ジャンルがクロスオーバーします。

河出書房新社刊『ハル、ハル、ハル』の朗読CDをリミックスした虹釜太郎さんと鈴木康文さんのライブ・スクラッチとともに、古川日出男さんの朗読が炸裂します。一夜限りの2DJ1MCスペシャルユニットで出演。

何が起こるか予測不能!KIASMA vol.19。

開催日: 2008年1月18日(金)

場所: 渋谷O-nest

出演: 古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)

古川日出男

作家。『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞、第23回日本SF大賞を受賞。『LOVE』で第19回三島由紀夫賞を受賞。執筆の傍ら、書店やライブハウスでの「朗読ギグ」も精力的に行う。古川日出男本人による朗読は、疾走感あふれる文体と、作品ごとに変わる作風を強烈に体感させる。2007年は向井秀徳(ZAZEN BOYS)との共演を果たし、大好評を博した。

今回は虹釜太郎(360°records / CLAY / SOUNDROOM)、鈴木康文(Commune Disc / CLAY / SOUNDROOM)のバックトラック×朗読ギグという一夜限りの2DJ1MC豪華ユニットで登場。

このライブイベントの模様の撮影、編集を担当。
そのうち古川日出男×(虹釜太郎+鈴木康文)のライブ映像が、集英社HP、youtube、スペースシャワーDAXにて公開される。(集英社HPでの公開は2009年3月31日をもって終了しました)

Space Shower DAX:

http://past.dax.tv/?item=963

back
© 2011 Hiroki Kawai all rights reserved